椎間板ヘルニアの診断と治療を専門とする福岡県福岡市早良区の動物病院です。推間板ヘルニアのことならベル動物病院にご相談下さい。

椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアについて
犬の椎間板ヘルニアは、さまざまな姿勢や動きを支える椎間板への負担が大きくなったときに、椎間板が損傷して起こる病気です。神経麻痺や痛みによって、背骨を触ると痛がる、ふらつく、段差の昇り降りを嫌がる、起立困難、元気がなくなるなどの症状が現れ、放っておくと、神経麻痺(マヒ)が起こり半身不随になる恐れがあります。

犬の椎間板ヘルニアの【症状】

背中の痛みや足のふらつき、のろのろ歩きなどに要注意

・散歩中など時々足がもつれる。
・足を痛がったり、足をかばったり、足を引きずる。
・歩き方がぎこちなく、いつもと違っておかしい。
・階段など段差の昇り降りを嫌がる。
・抱こうとすると痛がったり嫌がったりする
・立ち上がることができない・・・など

椎間板ヘルニアになりやすい犬の種類
椎間板ヘルニアは特に胴が長く肢の短い犬種(ダックスフント、W.コーギー、ビーグルなど)がなりやすい傾向にあります。 また、体重の重い大型犬のゴールデン・レトリバーなどにも多くみられます。

*なりやすい犬種*
ビーグル、ボクサー、ダックスフンド(ミニチュア・ダックス)、ぺキニーズ、プードル(トイ・プードル、ミニチュア・プードル、ミディアム・プードル、
スタンダード・プードル)、パグ、柴犬、シーズー、コーギー(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)、ヨークシャー・テリア など

ダックス系の犬は若い時から椎間板ヘルニアになりやすいと言われており、原因としては、先天的に軟骨の形成異常になりやすいことや、若いころから椎間板が固いためもろくなりがちなためです。
椎間板ヘルニアになりやすい犬種は、骨の構造上脊椎への負荷が大きく、さらに、室内でも元気よく跳んだり、駆けたり、ほえたりしがちで、脊椎に無理な力がかかるため、椎間板を傷めやすくなります。
 


椎間板ヘルニアとは?

「椎間板」とは、「脊椎(背骨)」を構成する椎骨の下部(腹側)組織である「椎体」同士を結びつける円板状の軟骨です。
軟らかいゼリー状の「髄核」と、その外側を取り囲む「繊維輪」から成り、脊椎にかかる力を吸収するクッションの役目を果たしています。
脊椎には、脳とつながる重要な中枢神経「脊髄」が走っています。
脊髄は、体じゅうの末梢神経が感知した感覚や刺激情報を脳に伝え、脳から各部の筋肉を動かす指令を末梢神経に伝えています。
脊髄は、椎骨の中の、椎体と椎間板との連結組織の上(背側)にあります。
組織の老化や外傷、あるいは先天的な要因で、椎間板が固くなったり、損傷したりすると、内部にあるゼリー状の髄核が外に出てきたり、外側の繊維輪が突き出してきて脊髄を圧迫したりすると様々な神経まひを起こします。
ひどくなると、脊髄が壊死して、ずっと立ったり歩いたり、自ら排尿排便することもできなくなります。
椎間板ヘルニアとよく似た症状の病気に、骨関節炎(変形性関節症)やリウマチ性関節炎(関節リューマチ)、股関節形成不全(股関節形成異常)、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂といった、椎間板ヘルニアとは別の骨や関節の病気もあります。
 


犬の椎間板ヘルニアの【発生・原因とメカニズム】

椎間板の老化や先天的な形成異常、無理な動作、
運動による衝撃などが原因


背骨の上には、神経細胞(脊髄)が詰まった脊椎管があり、
椎間板ヘルニアになるとその脊椎管内の脊髄や神経を圧迫して、神経マヒを起こします。
手遅れになると神経細胞が壊死してしまい、神経マヒのため立てなくなってしまう可能性もあります。
しかし、神経マヒがひどくならない前に発見して治療すれば症状が改善することも多くみられます。
また、過剰な運動も椎間板ヘルニアの原因の一つです。
背骨に強い刺激が加わるような過激な運動や、
無理に首を引っ張るような運動は頸椎(けいつい)に負担をかけることになるので避けるようにしましょう。
室内では、急な階段の頻繁な上り下りやソファーなど高い場所から跳び下りた時や、遊びの最中にフローリングの床で滑ってしまった時などに、脊椎に負荷がかかりやすいので注意してください。